相性診断について詳しく知りたい方はこちらから。

愛と恋と性欲はすべて違うという話。人類愛や親子愛についても語る

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No66)

 

突然ですが、「愛と恋と性欲はすべて違う種類のモノだ!」と皆さんは自覚していますか?

以下の記事に詳しく書かれていますので、ぜひ読み込んでほしいです。

悪魔の恋典
愛と恋と性欲の関係 地球上のあらゆる生物は交配と生殖の為に存在します。それはDNAの後世への継承であり、さらなる繁栄を求めて進化という武器を携えるためです。人類はその進化の仕組みを最...

愛と恋と性欲の関係。

 

この記事を参考にしながら、「愛と恋と性欲はすべて違う種類のモノだ!」というテーマについて論じていきますので、続きを読みたい方はどうぞ。

目次

1 愛と恋と性欲の記事の要約。

まず、上記の記事の要約を書きます。

 

人類には、繁殖活動である性欲に、が追加されました。

恋は「長期的に特定の相手を慕う感情」です。

男の性欲には恋や愛はそこまでなく、「あったらいいなぁ」程度が本音です。

一方、女性は「愛がなければ性行為ができない」の言葉通り、愛(相手からの奉仕。資源や安全保障など)がなければ性行為も楽しくありません。 

恋にはPEAの脳内物質が働き、相手に恋い焦がれるという表現通り、相手を特別視し、尽くしますが、PEAは3〜4年で効力を失います。

 

また、男性にとって恋は特異な現象を生じさせます。

恋した女性に対しては、「性欲が衰える」のです。

性行為をしたいよりも、「相手と会ったり、一緒に長くいたい」という感情が芽生えます。

攻撃性のあるテストステロンが低下し、相手を保護し、優しく扱いたくなるのでしょう。

(欲望の対象と見れなくなります)

一方、女性側は恋すると、性欲満々になります。

 

愛は、特定の相手との性行為を積み重ね、その都度、愛情ホルモンであるオキシトシンやパソプレッシンが放出され、強い絆で結ばれて育まれます。

性欲にはテストステロンドーパミンがかかわります。

恋にはPEAドーパミンの両方が作用します。

愛はオキシトシンパソプレッシンドーパミンが関係します。

 

3つのすべてに快楽・報酬ホルモンであるドーパミンが絡んできます。

つまり、人間が性欲・恋・愛の行為を行うのは、自分が気持ちよくなるため、ドーパミンを出すためなのです。

詳細な説明は記事を読んでください。

2 6つの愛について考えてみる。

さて、次の話題に移ります。

メンタリストDaiGoが昔に監修していたマッチングアプリWithで恋愛スタイル診断があります。

 

以下の記事で詳しく扱っています。

あわせて読みたい
相性の良い異性のタイプ診断!「DaiGoの動画を参考にして、まとめてみた!」 どうも、太陽です。(No42)    この記事を読んでいるということは、皆さんは、相性の良い異性のタイプを知りたいと思っているかと思います。 相性の良い異性とはいった...

相性の良い異性のタイプ診断!「DaiGoの動画を参考にして、まとめてみた!」

 

賢恋研究所では以下の記事で、恋愛スタイル診断の詳しい説明が書かれています。

https://kashikoi.with.is/articles/393

【恋愛スタイル診断】あなたの恋愛傾向&相性のいい人がわかる!

 

ちなみに、音声通話アプリでのGravityの愛の教祖が紹介していた内容が以下です。

 恋愛スタイル。内容。
1エロス(アモーレ)(美への愛)恋愛を至上のものと考えており、ロマンティックな考えや行動をとる。

相手の外見を重視し、強烈な一目惚れをしやすい。
2ルダス。(遊びの愛)恋愛をゲームとしてとらえ、楽しむことを第一に考える。

相手にまあり執着せず、相手との距離をとっておこうとする。

複数の相手と同時に恋愛ができる。
3ストルゲ。(友愛的な愛)穏やかな、友情的な恋愛。長い時間をかけて、知らず知らずのうちに愛が生まれると考えている。

異性の容姿に対する理想はあまりもっていない。
4マニア。(熱狂的な愛)独占欲が強く、些細な事柄にも嫉妬や執着、悲哀といった激しい感情をともなう。

それゆえ、関係をなかなか安定させることができない。
5プラグマ。(実利的な愛)恋愛を地位の上昇などの手段と考えている。

相手の選択においては、社会的な地位や釣り合いなど、いろいろな基準を立てている。
6アガペ。(愛他的な愛)相手の利益だけを考え、相手のために自分を犠牲にすることもいとわない愛。

パートナーに対して親切で優しく、またその見返りを要求しない。

 

僕は、ルダスか、プラグマだと思われます。

ルダスは以下の記事で書いたとおり、僕は惚れにくい体質なので、結果的にそうなってしまったのかもしれません。

あわせて読みたい
惚れにくい体質の人はどんな恋愛をすべきなのか? どうも、太陽です。(No61)   惚れにくい体質の人って、マイノリティーだと思うけど、やっぱりいるのかな? いるよ。現に、僕自身がそうだよ。 失礼しました。。。    ...

惚れにくい体質の人はどんな恋愛をすべきなのか?

 

ルダスはマニア(メンヘラ?)やプラグマ(ステータス重視)と相性が良いようです。

確かに、僕はメンヘラほいほいの素質があります。

また、プラグマのステータス大好き女子に好かれやすい気もしています。

 

そして、アガペとは相性が悪く、そういえば以下の記事で書いたとおり、おかん女子とかなり相性が悪かったことからも、確かと言えます。

あわせて読みたい
相性が悪い人「僕のサンプル数2の個人的体験談で相性というモノを知ろう!」 どうも、太陽です。(No55)   突然ですが、どうも話していて、気が合わないなぁ、価値観が違うなぁ。イマイチ話が噛み合わないなぁと思ったことはありませんか? それは...

相性が悪い人「僕のサンプル数2の個人的体験談で相性というモノを知ろう!」

 

エロスやストルゲの女子からは好かれも嫌われもしない、中立といったところでしょうか。

これは男女間だけでなく、男性間にも使えるらしいです。

ということは尽くす系の男子からは僕は嫌われるわけですねー。

 

愛については以下の記事もかなり参考になります。

「好きな人のためにはお弁当を作ったり、マフラーを編んであげる愛する愛」を実践するのは性格タイプでいうところの「お母さんタイプだけ」だそうです。

長男タイプにとって、愛とは「喜びや楽しさを共有すること」です。

個性的な末っ子タイプは好きな人ができると、相手を知ろうとし、自分も知ってもらおうとする、つまり、愛とは「正しい理解・深い理解」です。

その他も、性格タイプによって、愛の表現の仕方が違います。

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/0c1c90c3f67e0dfa1d22d68bbb88bd6dafbe26ad

「好きな男に弁当を作ってあげたいと思うのは、女として当然だろ!?」ってことは、ありません。

3 人類愛や親子愛について考える。

6つの愛について見てきました。

さらに、「性欲と恋と愛はすべて違う」ということは脳内ホルモンの観点からも理解できましたよね?

ただし、「快楽を得て、自分が気持ちよくなる」という点では共通していました。

では愛をもっと広く見て、人類愛や親子愛まで広げたらどうなるでしょうか?

 

まず、愛とは存在行為の2つに対して、感じることができます。

親は自分の子どもに対して、存在自体を基本的には愛し(子どもを愛せない親はいますが除く)、反抗期のような態度(行為)にも我慢強く付き合います。

 

また、愛の行為自体は「善悪や好き嫌い」の反応となります。

子供の反抗期の態度(行為)に対しては、善悪や好き嫌いの反応であり、それをどう扱うかは像使いの皆さん次第なのです。

像使いは反応(像)を爆発させたり、抑えたりすることができ、皆さんの裁量に任されます。

 

ところで、愛とは「存在自体を認める」ということですが、自分の大事な人を殺した犯人に対しても愛(存在)を発揮できるのでしょうか?

普通の感覚では到底、憎き犯人を許すことができず、死刑を求める人もいるでしょう。

死刑を望むということは「存在自体を消す」ということですから、愛はありません。

つまり、人類愛を提唱する人は、死刑を否定しなくてはいけません。

で、「罪を憎んで人を憎まず」のように、存在は認め、殺人という行為を否定し、「無期懲役を望む」ということになりそうです。

 

ところで、人類愛を提唱する人はさらに難題にぶつかります。

それは世の中の多くの人に対して、「どれくらいの愛(存在と行為)を感じているのか?」という点です。

仮に悲しみの感情を100点満点としたとして、自分の家族が殺されたときは100点でしょうし、志村けんさんのような有名人なら20点になり、東日本大震災の死者に対しては1点とかになるのが一般人の感覚でしょう。

人類愛を提唱する人は、東日本大震災の死者に対しても、20点ぐらいの悲しみを感じるとしたら、毎日、死者の報道は多いのですから、「悲しさの衝撃に耐えられなくなる」と思うのです。

有名人の訃報ニュースもかなり頻繁に流れてきますし、50点ぐらいの悲しみを感じるとしたら、「精神力が持つのでしょうか?」と疑問符です。

 

つまり、「人類愛は本当に存在するのか?または存在したとしても、その悲しみなどに耐えられるのか?」と思ったのです。

普通の人の感覚は人類愛は存在せず、せいぜい親子愛が限界でしょう。

 

しかし、親子愛を友達や他人にも向けたら、世の中、けっこうハッピーになる可能性があります。

なぜなら、他人の嫌な行為に対しても、親目線で関わることができ、そこまでイライラしなくなるからです。

しかし、それはあくまである程度の常識人に対して親子愛を向けるべきです。

明らかな敵に関しては、こちらを攻撃しているわけであり、親子愛など必要ないでしょう。

ですが、家族経営の一体感を醸し出す会社が存在しますが、「親子愛の指導やマネジメントがうざい!」という社員もそれなりにいます。

 

加えて、以下の記事の「本当に優しい人の特徴」も紹介しておきます。

 

また、「恋人への愛を維持できなくなるときに脳で何が起きているのか?」という興味深いテーマの記事もあるので紹介します。

 

加えて、「男女の間に友情は存在するのか?」という問いについて、「定義を統一することがほぼ不可能だから答えが出ない」という記事もあります。

 

さらに、以下の愛と恋についての決定版のような記事もあります。

 

以上、「愛と恋と性欲はすべて違う」という話と、「6つの愛についての話」と、人「類愛や親子愛について」語ってきました。

エッセイ風な文章になりました。

「愛にはいろいろな種類があり、深いテーマなのだなぁと考えるきっかけになればいいなぁ」という思いです。

この文章を読んで、読者がなにかしらのヒントや気づきを得られたら、幸いです。

 

ではこの辺で。(3609文字)

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

 

参考・引用文献。

悪魔の恋典
愛と恋と性欲の関係 地球上のあらゆる生物は交配と生殖の為に存在します。それはDNAの後世への継承であり、さらなる繁栄を求めて進化という武器を携えるためです。人類はその進化の仕組みを最...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大量の情報を咀嚼して、独自の視点からの考察・分析・エッセイ記事などを書いています。

質で勝負するブログのため、敢えて正体を明かしていません。

ブロガー歴10年以上。多数のブログ運営経験あり。

得意分野。経済、ビジネス、教育、心理学、執筆、アイデア発想など。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次